中古の外車の走行距離と寿命について確認しておこう

走行距離と寿命は必ずしも比例しない

国産車・外車に関わらず、中古車の購入の目安として走行距離や年式が重視されています。特に、走行距離が10万キロを超える車は、メンテナンスにお金がかかるとされています。しかし、走行距離と寿命は必ずしも比例するわけではありません。もちろん、走行距離3万キロの車と10万キロを超える車では、3万キロの車の方が状態は良いのが一般的ですが、メンテナンスをしていたかどうかが大きなカギとなります。走行距離が長くても、オイルチェンジやパーツの交換などメンテナンスを定期的に行っていた車は、走行距離が10万キロを超えても良いコンディションのままで乗り続けることが可能です。そのため、外車を選ぶ時は走行距離とともにメンテナンスの状態もチェックする必要があります。

メンテナンスのチェックポイント

走行距離の長さをカバーするメンテナンスとしては、タイミングベルトやエンジンマウント、燃焼フィルターの交換が行われているかがあげられます。タイミングベルトは10万キロを超えてから交換するのが一般的ですが、製造から5年以上経っている年式の外車はタイミングベルトが交換されている方が安心でしょう。また、振動の多い車はエンジンマウントが劣化している可能性が高いので注意が必要です。燃焼フィルターも、エンジンを良い状態で保つために必要なパーツなので、新しく交換されているものが良いでしょう。走行距離の長い会社は、価格も安い傾向があります。適切なメンテナンスが行われていれば、10万キロ以上走行している外車でも安心して運転することができます。