中古の外車を手に入れるために販売ルートを知っておこう

中古の会社には2種類の販売ルートがある

中古の輸入車を購入するうえで必ず知っておかなければいけないのがその中古車を入手する際のルートについてです。中古の輸入車を入手するルートには、正規ディーラー店から入手するルートと、外国の輸入車を販売することを専門にしている専業店から入手するルートという、大きく分けて2つのルートがあります。このうちディーラーから入手した中古輸入車は認定中古車、専業店から入手した中古輸入車はそのまま中古輸入車という扱いになっています。現在日本にある輸入車はほとんどが認定中車となっていて、正規輸入車はディーラー側で一通り点検や整備、交換が施されているので、購入してそのまま公道を運転することが出来ます。 一方中古輸入車のオークションで売られていた輸入車を購入し、それに半年程度の保証を付けて販売しているので、整備状態は車によって異なります。

認定中古車と中古輸入車どちらが良いのか

認定中古車と中古輸入車購入するならどちらがお得かについてですが、もし初めて中古輸入車を購入するというのであれば、間違いなく正規輸入車を購入しておいたほうがお得です。認定中古車はディーラーによって一通り整備が施されているという事もあって、何より安心して車を運転することが出来ます。また保証も2年間付いているので、保証期間内に何かしらの故障が発生した場合は無償で修理してくれます。したがって最初の車検の際に法外な整備費にはならないでしょう。 また中古輸入車は認定中古車に比べれば同じ車種や状態でも価格は圧倒的に安いです。しかしながら中古由修社はオークションで売られていたものを横流しするだけなので、整備や消耗品の交換などは行っていません。そのため初回車検時に様々なものを交換するケースが多いです。

カーリースは初期費用が不要です。そのうえ自動車保険や自賠責保険の保険料、車検やメンテナンスにかかる費用、さらには自動車税などを月々の定額払いにできます。